スクリーンショット_2021-02-14_8_44_34

1台のMacBook仕事とプライベートを使い分けなくちゃいけない場合って
仕事用のアカウントとプライベート用のアカウントで別々のユーザを
Mac上で作るのがほとんどだと思われます。

そうした場合に

  • vscode
  • karabiner
  • iterm2
  • 日本語入力の辞書

などのアプリ設定を、新しいユーザアカウントに反映し直すのって
大変です。(特に辞書ルーツ)


今回はユーザ間、複数のMacにて
アプリ設定の共有方法についてご紹介していきます。

目次

全体の流れ

複数のMac、またはユーザ間でアプリ設定を共有する方法として
ご紹介する方法はGoogleドライブとシンボリックリンクを使う方法です。

つまりは
  1. Googleドライブに各アプリの設定ファイルを移動
  2. そこにシンボリックリンクを設定
  3. 各MacにてGoogleドライブからシンボリックリンクを貼る
という流れになります。

こうしておくことで、
各アプリで設定を変更してもGoogleドライブに設定が保存され、
共有が可能になります。

仕事用のアカウントを作る

まずは仕事用のアカウントをMacで作ってみましょう。
知ってる人は次のステップに進んでOKです。

「システム環境設定」→「ユーザーとグループ」とクリックスクリーンショット_2021-02-13_20_11_12
左下の鍵を解除して「+」ボタンをクリック スクリーンショット_2021-02-13_20_11_22
新規アカウントとして「管理者」を選択して、
アカウント名やパスワードを入力し、
最後に「アカウント作成」をクリックして完了です。 スクリーンショット_2021-02-14_7_22_47

アプリ設定を共有する

仕事用のアカウントが作れたので
次はアプリ設定の共有方法について解説していきます。

今回ご紹介する方法では
Gooleドライブを使っていくので
予めアプリをインストールしておいてください。

準備

Googleドライブの好きなところに設定ファイルを入れるディレクトリを作成します。
名前は何でもいいし、場所もどこでもいいです。

アプリ設定をGoogleドライブに入れていく

設定を共有したいアプリの設定ファイル、
ディレクトリをGoogleドライブに移していきましょう。

私の使っているアプリと設定ファイルが
置いてある場所はこんな感じになります。
アイコン アプリ 設定ファイルの場所
スクリーンショット 2021-02-14 7.37.35 BetterTouchTool ~/Library/ApplicationSupport/BetterTouchTool
スクリーンショット 2021-02-14 7.36.39 Google日本語入力 ~/Library/ApplicationSupport/Google/JapaneseInput
スクリーンショット 2021-02-14 7.37.45 karabiner ~/.config/karabiner
スクリーンショット 2021-02-14 7.32.15 iterm2 ~/Google\ ドライブ/com.googlecode.iterm2.plist

これらファイルを
Googleドライブの任意なディレクトリへ移動させます。

iterm2は少し複雑

iterm2は.configディレクトリ直下にも設定ファイルらしき
「iterm2」ディレクトリがおいてありますが
別で設定ファイルを用意する手順を踏む必要があります。

設定ファイルの置き場所をGoogleドライブに指定する

iterm2の設定ファイルをGoogleドライブに指定しましよう。
iterm2の設定画面を開き、
「General」→「preferrences」と進みます。

そして以下のように操作します。

  • 「Load preferrences from a custom folder or URL」にチェック 
  • 「Browse」からGoogleドライブを指定
  • いつ設定を保存するかを「Save Changes」から選択

「いつ設定を保存するか」の時間として選べるのは以下です。

  • Automaticaly(自動)
  • Manualy(手動)
  • when Quitting(終了時)

これは好きに選んでください。
スクリーンショット_2021-02-14_7_53_06 
最後にSave Now」をクリックし、
「com.googlecode.iterm2.plist」というファイルが
Googleドライブの指定した場所に生成されていることを確認します。

シンボリックリンクを使う

ここまで来たら
Googleドライブから各設定ファイル場所にシンボリックリンクを張りましょう。

ターミナルで作業していきます。
使うコマンドは以下です。
ln -s [①Googleドライブにある設定ファイルの絶対パス] [②各設定ファイル場所のリンク]
例としてGoogle日本語入力のシンボリックリンクを作っていきます。

そうするとは上記コマンドに当てはまるパスはそれぞれ以下のようになります。
引数 パス
~/Googleドライブ/[任意ディレクトリ]/JapaneseInput
~/Library/ApplicationSupport/Google/
なので入力するコマンドはこうです。
ln -s ~/Googleドライブ/[任意ディレクトリ]/JapaneseInput ~/Library/ApplicationSupport/Google/
このような設定を各設定ファイルごとに実施していきます。

注意

Googleドライブに置いたシンボリックリンクは、設定ファイル本体と同等なので、
それは絶対に削除しないでください。

さらなるバックアップとしてGithubを使用すれば誤って削除してしまった場合でも、
安心かと思います。

またシンボリックリンクを解除するには
「unlink」コマンドが使えますが、
この引数には設定ファイルの本体を指定しないでください。

その場合は「rm」をして動作するので注意が必要です。