今回はふるさと納税について深堀りしていきます。
スクリーンショット_2021-02-23_16_36_10

ふるさと納税をするとどうなるのか

ふるさと納税とは何かを説明する前に、
ふるさと納税するとどういうメリットデメリットが有るかをが有るかを整理してみます。

また、後半ではおすすめのふるさと納税の仕方を紹介しています。

メリット

  • 節税になる
  • 特産品がもらえる

デメリット

  • 自己負担2000円
  • 確定申告が必要
  • 限度額がある

と、こんな感じです。
特にデメリットに関して、
「確定申告」という文字にハードルのが高いと感じてしまうと思いますが、
そちらに関しても後ほど解説します。

ふるさとの納税とは

ではふるさと納税とは何かを解説していきます。

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体を選んで納税することができる制度です。

自分で応援したい地方自治体を選んで、
その寄付金の使う道を指定することでもできます。

例えば、自分が寄付した金額を

  • 自然保護等
  • 子供・青少年
  • 伝統を守る
  • 震災復興

などなど、使いみちを選ぶことができます。

ふるさとの納税の背景

ふるさと納税は自分の好きな自治体へ寄付し応援することができる制度ですが、
この制度ができた背景を知ると、より理解が深まると思います。

背景としては、
例えば 田舎で育った人が社会人として上京すると、納税先は田舎から上京先へとかわり、
田舎は税収が減ってしまいます。

そうすることで、都会ほど税収が潤い、田舎は貧しくなるという悪循環になってしまうので、
自分が選んだ自治体へ納税することができてもいいじゃん、ということではじまったものです。

ふるさと納税のメリット

とまぁここまでをざっくりまとめると、
ふるさと納税は自分の好きな自治体を選んで寄付をすることだということです。

ではふるさと納税のメリットの深堀りをしていきます。

  • 節税になる
  • 特産品がもらえる

上記のメリットについて解説していきます。

節税になる

ふるさと納税で地方自治体に寄付するとその寄付した金額は、
寄付金控除という所得控除になるので、所得税、住民税が安くなります。

所得控除というと堅苦しくなりますが、ふるさと納税→節税になる、と捉えて問題ないです。

もう少しこの節税について解説します。
寄付金控除がもらえると言っても、寄付した金額全てが控除されるわけではありません。

寄付した金額から2000円を引いた金額が所得控除になります。

寄付金控除 = 寄付金 ー 2000円

これはつまり、2000円は絶対に負担する必要があるってことです。

特産品がもらえる

ふるさと納税をすると以下のような返礼品がもらえます。 スクリーンショット 2021-02-23 15.09.04

これはほんの一例ですが、
ふるさと納税サイトをみれば何がもらえるのか調べることができます。

先の自己負担2000円は絶対にかかってくる、
という言葉がネガティブにきこえるかもしれませんが、
言い換えれば2000円だけで有名所のこれらの返礼品をもらうことができるということです。

ふるさと納税のデメリット

上の方ででデメリットとして以下を上げました。

  • 自己負担2000円
  • 確定申告が必要
  • 限度額がある

これらを深堀りしていきます。
ただ自己ふた2000円については上記のメリットのところで解説したので割愛です。

確定申告が必要

自己負担2000円に関しては、
その金額で有名な地域の特産品がもらえるということでどちらかというとメリットになり得ますよ
とお伝えしましたが、

「確定申告が必要」という言葉がネックになってくると思います。

しかしこの確定申告をしないと節税にもならず、タダ寄付をしただけになってしまいます。

これは非常に重要で最も大事な最後の手続きとなります。
これがないとふるさと納税をするメリットを最大限に得られません。


しかし確定申告は実際にはそんなにハードルが高くないです。
難しいと思っている人はおそらく確定申告がネットで提出できるということを知らない人だと思います。

e-Tax、もしくは確定申告書等作成コーナーという名前のサイトを使えば、
源泉徴収票などの金額を入力するだけで勝手に計算してくれて簡単に提出することができます。

特にe-Taxはマイナンバーカードと
カードリーダーもしくはAndroidを持っていればパソコン無しで簡単にできるのでおすすめです。

ふるさと納税の確定申告も簡単です。
返礼品と同じタイミングぐらいで「寄付金証明書」が送られてくるので、
これを使って書くて申告して完了です。

限度額がある

確定申告はネットでやれば簡単だよというお伝えしました。


次は限度額の話です。 限度額とは、寄付金の限度額のことです。

誰でもいくらでも寄付ができるわけではなく、
収入がいくらで、配属者がいるのか、社会保険料はいくらか、、
などなど寄付する人によって違ってくるので、ふるさと納税サイトで自分の上限を把握しておく必要があります。

自分の上限額がいくらかは以下のサイトなどで調べることができます。
控除上限額シミュレータ
スクリーンショット 2021-02-23 16.21.04


もし自分の控除上限額ををこえて寄付をした場合は、
上限から差し引いた金額を事故負担する必要がるので注意です。

なのでなので寄付金が上限を超えないように上手に寄付していきましょう。

ふるさと納税のやり方

ここまでを整理すると、ふるさと納税は

  • 節税になる
  • 自己負担2000円で特産品がもらえる

ということでした。

というわけでここからは、おすすめのふるさと納税のやり方を紹介します。

といってもやり方はネットで注文するときと同じ感覚でポチるだけです。
いちばん大切な「寄付金証明書」は
ふるさと納税をすると返礼品と一緒に(もしくは別に)自動で送られてくるので大丈夫です。


ネットショッピングと同じ感覚で買っていいんですけど、
ポイントの面でさらに得する方法があるので、そちらを解説します。

お得にふるさと納税をする

スクリーンショット_2021-02-23_16_36_102

ふるさと納税をするなら楽天を使うようにしてください。

というのも楽天ふるさと納税でふるさと納税をすると、
普通に楽天市場で買い物したのと同じ扱いになるので、
SPUやお買い物マラソン、0か5のつく日なでのポイントアップキャンペーンを適応することができるので、自己負担2000円をポイントで取り返すことができます。

お買い物マラソン

スクリーンショット 2021-02-23 16.19.23

お買い物マラソンではショップの買い周りでポイントがアップします。
ふるさと納税でも買い回りショップが加算されるので使わないと損です。

お買い物マラソンのルールは以下のようなものがあります。

  • ショップ買い周りへエントリー
  • 1000円(税込み)以上の商品購入

お得にポイントアップをするにはショップ買いまわりにエントリーが必要になります。
エントリーは絶対に忘れないうようにしてください。\
スクリーンショット 2021-02-23 16.19.44

そして1000円の寄付金を何回貸してポイントをアップさせる、という流れになります。


その時の注意点としては、送料がかからないもの買うようにしてください


また、お買い物マラソンは開催時期が未定なので、
始まったときのために予め何を買いまわるかを決めておけば、
いざ開催した時にスムーズになるかと思います。

0か5の付く日

0か5の付く日ではポイントが5倍になるので、
お買い物マラソン期間中に0か5のつく日にふるさと納税することでお得になります。

まとめ

ふるさと納税はやればやっただけおとくになり、
楽天で適切な時期にふるさと納税ができれば自己負担2000円を取り返すことでき、
もしくはむしろプラスになってしまうというとんでもないお得な制度なので、
ぜひ上手に活用してみてください。